萩の真ふぐ-----たたき・燻製・一夜干し・・・・・加工品の紹介

萩の真ふぐの味を、お手軽にしかも通年で味わって頂けるように、各種加工品を開発しています。いずれも萩沖産の真ふぐ活魚(ミガキ)を原料に使用、萩の老舗加工場が手造りで仕上げました。



▲たたきブロック

たたきブロック
真ふぐ活魚のミガキを丁寧にブロックにし、表面を強火で炙ってタタキにしています。解凍したものを薄めのそぎ造りにして召し上がってください。そぎ造りには、よく切れる刺身包丁が必要です。厚めにスライスし、握り寿司のネタとしてもお勧めです。薬味は紅葉おろしと浅葱・そしてポン酢で。


▲西京味噌漬け・粕漬け

西京漬け・粕漬け
上質の真ふぐを、相性の良い西京味噌と酒粕で漬け込んだ味わい深い調理済商品です。そのまま炭火かグリルで焼いて召し上がりください。プロの味をご家庭で手軽の楽しめます。中火で表2分、裏2分が目安、くれぐれも焼きすぎに注意してください。


▲ウッドチップで燻した燻製

燻製
大型の真ふぐを丁寧にブロックにし、時間をかけてウッドチップで燻しました。手間隙がかかるため生産量も少なく、稀少品とも言える商品。解凍したものをスライスまたはナイフで適当な大きさに削ってお召し上がりください。お酒やビールの肴として喜んで頂けると思います。


▲一夜干し(一汐・梅酢・味醂)

一夜干し(3種)
天然塩で調味した「一汐」、梅風味を効かせた「梅酢」、香ばしさが特徴の「味醂」の3種類。そのままグリルで焼いて召し上がりください。中火で表3分、裏3分が目安です。お好みで、柚子や橙など柑橘果汁を絞って召し上がってください。一汐は、オリーブオイルとハーブで炒める調理法もお勧め。梅酢は、衣を付けて天ぷらで召し上がるのもお勧めです。


▲唐揚

唐揚
魚肉とは思えない弾力のある身質、唐揚げにすることで香ばしさや旨みが引き立ちます。一口サイズにブツ切りし、衣も付けていますので、そのまま油で揚げてお召し上がりください。レモンや柑橘酢が味を引き立てます。

■情報提供:萩沖日本海の旬市場 道の駅「萩しーまーと」



ブラウザの「戻る」で、前ページへ